• トップ /
  • 底辺で工業を支える中小企業

中小企業の重要性を把握

底辺で工業を支える中小企業

工業を支える大企業と中小企業

日本を先進国に導いた産業としては工業が挙げられます。それぞれの時代に外貨を稼ぐ工業分野が日本の成長を支えて来ました。そして、現在も技術立国・工業立国として重要な産業であり続けています。近年、韓国の財閥系や台湾・中国の新興企業の台頭で、日本の有名な製造業の大企業がグローバル価格競争の中で苦戦すると言う状況も見られます。しかし、日本の工業はこうした大企業のみならず、底辺でものづくりに卓越したきらりと光る技術を持った中小・中堅企業が部品等の分野でしっかりと支えている点が他の新興国には無い強みなのです。コモディティー化によって、新興国相手に電子機器メーカーは苦戦していますが、この電子機器を構成する電子部品分野では、多くの日本の有名な電子部品メーカーが高シェアーを維持し続けているのが実態です。電子部品メーカーはすでに大企業に成長していますが、その電子部品の構成部材や生産用自動機の機械部品等は、多くのきらりと光る技術を持つ中小・中堅のメーカーが支えているのです。ものづくりを進化させる自動機械の分野も、国内で一気通貫で構築できる技術を持っており、それはきらりと光る技術や技能を有する有名・無名の中小・中堅メーカーがあって実現できているのです。若者が、日本の工業を支える人材として、大手メーカーのみならず、中小・中堅メーカーにも目を向けて、そんなメーカーで活躍してくれる事を期待して止みません。

↑PAGE TOP