• トップ /
  • 日本を先進国に導いた工業

国内で発展している工業関連情報

日本を先進国に導いた工業

工業は日本を支える産業です

日本は工業振興を通じて国の富を増し、先進国の仲間入りを果たしてきました。明治以降の日本の発展過程の中で、工業の中心となる製造業の種類やその代表企業は大きく変化してきました。しかし、それぞれの時代にグローバル競争力を持った企業が新たな工業を起こし、日本の主要産業として国家の発展を支え続けて来たのです。現在では、先進国の多くがそうであるように、産業従事者としてはサービス業へのシフトが続いていますが、それでも資源のない日本にとっては、製造業が重要な産業である事には違いが無いのです。エネルギー源の原油や天然ガスや、その他の各種の鉱物資源を海外からの輸入に頼る日本にとって、製造業による輸出が貿易収支を大幅な赤字に陥る事を防ぎ、また海外に進出した企業のもたらすリターンによって、日本の富の一方的な流出を防いでいるのです。近年では、就職先企業として製造業よりもサービス業の方が人気の高まりを見せています。しかし、工業は日本を支える産業であり、また製造業の企業には多くの職種があり、グローバルな活躍機会も多くある事を認識してもらいたいものです。そして、新たな時代を支える工業の確立に若者が情熱を傾けてくれる事を期待したいものです。

↑PAGE TOP